代表ブログ

toiのWEBサイト制作について

みなさん、こんにちは。ソーシャルデザイン事務所toi代表の寺戸です。

今回はtoiの主力事業でもあるWEBサイト制作事業についてです。

これまで複数のWEBサイト制作に携わらせていただきました。技術だけで言うと、巷のWEBデザイナーにはかないません。でも、そんなtoiがなぜWEBサイト制作をしているのか、そして何を大切に作っているのかを書いてみました。

WEBサイトは顧客との接点

なぜtoiがWEBサイト制作を大事にしているか、ですが以下の2点あります。

  • クライアントのビジョンを示すツールだから
  • クライアントと顧客の接点だから

今やWEBサイトを持たない企業はないといってもよいでしょう。そんなWEBサイトは企業の顔です。クライアントの顧客となる人たちはWEBサイトを見て、共感できるかにビジネスも、クライアントのビジョンが達成できるかもかかっています。

人と人との出会いをデザインすることでよい社会を作っていきたい、そんな想いからWEBサイト制作にも力を入れています。

対話でクライアントの本当に実現したいビジョンを引き出す

toiではサイト制作の際、クライアントとの「対話」に力を入れています。

制作に入る際に、じっくりと対話していく中でWEBサイトを作ることで何を実現したいのかを丁寧にヒアリングいたします。そのうえで、プロトタイピングとして【モックアップ】(見本のようなもの)を制作し、イメージのすり合わせをしていきます。

クライアントの気づかなかった想いを一緒に見つけていき、表現するよう心がけています。

クライアント自身でサイトを更新できるようになる

toiのWEBサイトでは制作後1年のメンテンナンスサービスを付けています。

基本的にはクライアントのオーダーに従い、ページ更新をしていきますが、そのたびにマニュアルを作成し送付します。

WordPress等のプラットフォームに余程のアップデートが起きない限り、クライアント自身が自分たちの業務に合わせて、自分たちでWEBサイトの更新をできるように心がけています。

そうすることで、即座に自分たちの【やりたいこと】を実現することができますので、こちらが更新を続けるよりも非常に価値が高いことだと思っています。

まとめ

toiは人と人の接点を創りだすために、WEBサイト制作事業を担っています。

そして、クライアント自身がWEBサイトを通じて自らを表現し、発信していけるように手助けさせていただきます。

仕事を依頼する